フラット35住宅ローンの申し込みはお得のかについて

住宅の購入を検討するときに、ほとんどの人が住宅ローンを利用するでしょう。

特に現在は、超低金利時代なので長期のローンを組むのに適しています。

ただ、住宅ローンといっても種類が多くなっています。

その中でも、「フラット35」という単語を耳にしたことはありませんか?名称からは特徴が伝わりにくいですが通常の銀行ローンと何が違うのか調べてみました。

メリットとしては、返済金額が変わらないので返済計画が立てやすいことや保証料や繰上げ返済手数料が0円ということがあります。

デメリットとしては、金利が変わらないので低金利になると変動型よりも割高になることや独自の審査基準があるので借入できないことがあります。

長期間に及ぶ高額なローンといえば住宅ローンなどが挙がりますが。

なかなか周りの人に相談するものでもなく、なにを基準に選んだら良いかわからないという人も多いはずです。

FPに相談するのが一番だと理解していてもどこに相談に行けば相談できるのかわからないという場合もあります。

住宅ローンの中でもフラット35について聞きたい場合は各銀行窓口へ行くのも良いですが住宅金融支援機構が開いている相談会に行くのがオススメです。

この相談会への参加は予約が必要なようなのでHPで会場などの情報を確認しましょう。

最近テレビコマーシャルなどで見かけるアルヒの住宅ローンですが、どういった会社なのかローン商品なのかあまり知らない人も多いと思います。

会社としての特徴としては、住宅ローンの1種であるフラット35の取扱実績シェアが22%と国内で1番多いそうです。

「ARUHI家の検索」という物件探しのサービスも行っており、そこでは勤務地や希望する通勤時間などのカンタンな質問から、今の家賃と同じくらいの支払額で購入できそうな物件を検索できます。

ローン商品の特徴としてはフラット35の利用者の22%が利用しているという点です。

他にも金融機関と比較すると審査スピードが早いことです。

例えば事前審査は最短で当日に結果がわかります。

住む家を買う際に利用する住宅ローンですが金利変動のリスクを嫌ってフラット35で組んだ人もいると思います。

できるなら今よりも月々の支払額を低く抑えたいはずです。

実はフラット35から別のフラット35への借り換えができるんです。

その際、お得になるのは金利差が0.3%以上となっています。

変動型から、変動型へ換えることもできます。

その際は、各金融機関のHPにあるシミュレーションを利用して毎月の支払額がどう変わるかやその他費用も含めて総合的に見て検討するようにしてください。

融資に際して、改めて審査を行う形になるので書類の準備にも気をつけてください。

全期間固定金利ということで利用を検討する人の多いフラット35ですが一体どんな住宅ローンなのかコマーシャルなどを見てもいまいちわかりません。

メリットとしては全期間金利が変わらないので返済計画を考えやすいことや保証料がかからないこと、物件の住宅性能を重視した審査が行われること、繰上げ返済手数料がかからないことが挙げられます。

デメリットとしては基本的に物件価格の9割までの借入になることや金利が固定されているので低く変動しても毎月の支払う金額は変わらないこと、繰上げ返済が100万円から可能と銀行独自のローンに比べ高額なことが挙げられます。

他にもメリット・デメリットはあるので利用する際は確認してからにしましょう。

世の中には様々な住宅ローンが存在します。

銀行独自のローンやフラット35のようにどこの銀行機関で契約しても基本的には同じ条件になるローンなど種類が多すぎてどれを選べばよいかわかりません。

他の人がどういった内容を比較してローンを決めているのでしょうか。

特に比べられているのは金利条件です。

単純に金利の数値を見ている場合もあれば将来的に金利が変わる可能性のある変動型にするか、一定の固定型にするかという部分です。

変動型の場合は銀行機関独自のローンになるので繰上げ返済手数料や保証料など銀行ごとに変わります。

みなさんのローン探しの参考にしてください。

住宅ローンについてネットで調べているとフラット35と銀行の住宅ローンは何が違うの?という疑問を持っている人が多いようです。

フラット35とは銀行と住宅金融支援機構がコラボした住宅ローンのことです。

民間の銀行では、長期にわたって金利を固定しての資金の調達が難しいと言われています。

資金調達が難しく、リスクがあるのでそのリスクを住宅金融支援機構が取る形になっています。

金利が固定されているので支払額が一定で返済計画が立てやすいことが挙げられます。

事務手数料以外の保証料が不要なことや繰上げ返済可能額が100万円からと高額なことなどです。

住宅ローンをはじめとした長期間の高額ローンは、できるだけ早く返したいと思ってしまいますよね。

早く返済する方法は繰り上げ返済を行うことのみです。

例えば、住宅ローンのフラット35では銀行機関によって繰上げ可能額が100万円からという例が多いですが10万円から可能という銀行機関も増えてきているようです。

その際、手数料が発生する場合と発生しない銀行機関があるのでローン選びではこの点もチェックするようにしましょう。

ボーナス払いも併用している場合には、ボーナス月の請求がずれないように半年分の合計から可能なことが多いようです。

ローン用語で親子リレーという言葉を聞いたことはありませんか?どんな内容かというと親子2代でローンを返済しましょうというものです。

参照:フラット35住宅ローン総合ランキング 【トータルでお得な銀行は?】

住宅ローンのフラット35でも利用可能となっており、申し込みご本人の子供やその配偶者で定期的収入がある方など、3つの条件を満たしている場合に利用できます。

この制度の有効な場面としては、将来同居を予定している場合や、親が高齢で住宅ローンが組めない場合などに有効です。

高齢だから長期でローンが利用できない、と言った場合に有効です。

この制度は利用ができるので状況によっては利用を考えてはいかがでしょう。

バリアフリー化を進めるためのリフォーム時にも利用できます。

一生のうち、最も大きな買い物と言われる住宅ですが一括で買うという人はほぼいないと思います。

多くの場合は住宅ローンで資金調達すると思います。

その際、変動金利にするのか、固定にするのか悩みますよね。

返済計画の立てやすさを重視する方なら固定型のフラット35がおすすめです。

10年前と比較すると金利が低く推移してきているので長期間のローンを組むのにベストなタイミングといえます。

現在の住宅ローンでは変動型の方が1%近く低い数値に設定されていますが金利変動で毎月の返済額が高くなることもあります。

そのため毎月の支払額が安定せず返済計画が立てにくいです。