ETCカードは審査ゆるいって本当なの?

いざという時あると便利なETCカードはカードを取り扱っている会社が沢山あるのでカードをどの会社の物にしようか迷うという方もいらっしゃるでしょう。 そんな時参考にしたいETCカードの選び方は年会費・金利に注目をしてみる事です。

年会費がかかるカードを作りたくない場合は年会費は無料というETCカードを。 キャッシングをクレジットカードでする予定の方はキャッシング時の金利が低いカードがお勧めです。 クレジットカードは何かを購入した際に財布から現金を・・という手間無く支払いが出来るのであればとても便利に使えるカードです。

そして、買い物の支払いだけでなく公共料金もクレジットを使って支払う事が出来ます。 クレジットで公共料金の支払いをするとポイントが知らない間に貯まっている事もありポイントの為に支払いをクレジット指定にする人もいます。しかし、クレジット支払にした場合は口座振替の時と違って月額の割引対象から外れる場合があります。ETCカードを使えば、高速道路料金が割引されるだけではなく、クレジットカードのポイントも貯めることができるのでとてもお得です。

ところで、ETCカードを選択する時の着眼点としては、年会費が無料のカードが支持を集めています。また、入会するといくらかのポイントがプレゼントされるキャンペーンを行っているETCカードも存在します。 申し込み方法としては、クレジット会社のHPから申し込みをすることができます。ゴールドカードはクラッシックよりも高い付加価値が与えられているので一般会員よりも手厚い待遇が受けられます。

審査基準には年齢制限や年収制限などの厳しい審査がありましたが近年、より上のランクのカードができたため条件が緩和され審査がゆるいと評判になっています。 対象会員ならではの特典があり、一例としてより高額な保険補償額や空港のラウンジサービスの提供などがあります。 年間の会費が無料になるものもありますが、これについては既存会員の中で企業が規定する利用条件を満たした人だけが「お誘い」を受けるシステムなので、会員側から希望しても申し込むことはできません。片や会社側で設定 した金額以上の年間決済で次年度の年会費が無料になるものもあり、シティカードジャパンのシティバンクダイナーズクラブカードでは年間30万円の決済で適用されます。

ETCカードって審査ゆるいの?