FXが選ばれる一番の理由はレバレッジが利用できることでしょう

FXが好まれる最大の理由は、レバレッジの利用が可能だからでしょう。
一般の株取引などの投資の際には、ある程度のまとまった金額の投資の資金が必要となるわけですから、初めて投資をする人には難しく感じられるものです。
その点、FXなら少額の投資でその何十倍もの取引が出来るため、投資の初心者が始めやすい方法だといえます。
FXのシステムトレードというのは予め売買ルールを定めておき、裁量を交えないで注文をする取引の方法です。
ツールを使うケースがほとんどで、取引の時に、精神的なストレスをあまり感じず、注文を迷うことなくすむのがメリットとなります。
ただし、システムトレードでは、市場の急変の対応が難しいです。
株式取引の場合、自動的に税金を控除していく特定口座が存在しますが、FX取引では特定口座がまだないため、税務署に自分で税金を納める必要があります。
ただ、計算を間違えたり、つい忘れたりして過失の脱税が増えています。
税率が株式と同じ程度になったFXでも特定口座制度を設けることが期待されています。
FXによってできた投資利益は課税対象なので確定申告をしなけれればなりませんが年間を通して利益がなかったときには義務は発生しません。
それでも、FX投資を継続していくなら利益が出なかった際にも確定申告をしておくにこしたことはありません。
確定申告を行えば、損失の繰越控除が使用できるため、最長3年間まで、損益をトータルで通算できます。
FX投資で出した利益には税金を払わなければならないのでしょうか?FX投資で発生した利益は税制上、「雑所得」の内訳になります。
一年間の雑所得の合計が、20万円を割っていれば、税金は生じません。
けれど、雑所得の合計が、20万円を上回った場合には、確定申告をする義務が発生します。
税金を払わずにいると不正経理になってしまいますので、どうぞお気をつけください。