FXで自動売買も可能なIFD注文ってどんなもの?

そして、最初に出した方の注文が約定した場合にのみ、2つ目の注文が自動的に発動されるという注文方法です。
このIFD注文は、指値でも逆指値でも注文することができるので、予想通りの相場になった場合は、利益確定のために使用しましょう。
また、インターネット環境がなかったり、外出せざるを得なかったりする場合は、損切りの手段として、IFD注文を使用しましょう。
このような状態になると、利益がなくなってしまうので、IFD注文を利用し、指値買いと指値売りの注文を出しておくことをおすすめします。
したがって、場合によっては損失となってしまうこともあるでしょう。
このような損失を最小限に抑えるためにも、指値買いと逆指値売りのIFD注文の活用がおすすめです。
ただし、IFD注文では2つの注文を一緒に出すことができますが、1つの注文に対して、決済は1つです。
FXIFD注文