ウォーキングダイエットとは

有酸素運動であるウォーキングは、ダイエットに効果があるようです。
有酸素運動とは、十分な呼吸を確保しながら行う比較的軽い運動です。
有酸素運動には、サイクリングやウォーキング、軽いジョギングなどが含まれます。
今までは血液中に溶けている脂肪しか20分以上の有酸素運動でなければ燃えず、あまりダイエット効果は得られないといわれていました。
短時間のウォーキングでもダイエット効果はあると、最近では認識されるようになってきたようです。
ウォーキングをするまとまった時間がなくても、少し空いた時間に行うことダイエットをすることは不可能ではありません。
ウォーキング運動を継続することで、体内の筋肉量が増加します。
基礎代謝量は、筋肉量がたくさんあればあるほど増えるものです。
体重が増えるのはそもそも、カロリー量のうち体内で消費するものが、摂取カロリー量より少ないことが原因です。
筋肉量をウォーキングで増やし、高い基礎代謝の体に変化させることで可能になるのが、脂肪が増えにくい体質になることです。