要介護認定を受ける時のコツがある?

もし、介護が必要になってきたのではないかと言うことで、介護保険料を支払っている場合は、介護保険制度を利用することができます。
※この介護保険料は義務として納付しています。
サービスを利用するには要介護認定と言うのを選ばなくてはなりませんよ。
ですから、認定調査を受ける時のコツについて紹介してみましょう。
家族、またはよくその認定を受ける人のことを知っている人が立ち合った方が良いと言うことです。
そして、そこで判断された結果として、大切な情報になります。
調査員にしっかりと把握してもらわなくてはなりませんよ。
それでも習性的に自分のことを話すのを恥ずかしがったり妙に自分を良く見せようとしたりする人がいます。
そんなことが実際にあります。
そうすると実際の介護レベルより軽いレベルとして認定されてしまうかもしれませんね。
あとは介護をしている人は、普段どんな介護をしているのか!?認知症の場合は、問題行動など、あとは気になることなどをメモしておきましょうね。
日記のようにしておくと調査員にそれを見せるだけです。
ですから、お勧めします。
そうすることで適性な介護レベルを判断していただけます。
そう思います。
可能なら調査票を事前に入手しておくことですね。
それで、質問の答えをある程度用意できます。
その方が良いかもしれませんね。
(笑顔)