総量規制後の今後の見通しとして中小の消費者金融は相当なダメージを受ける?

大手の消費者金融だけを対象にする消費者金融の規制緩和のおかげで、中小の消費者金融はかなりの痛手を受けることが予想されます。
既に総量規制やグレーゾーン金利訴訟で廃業などを強いられた消費者金融も多いのですが、今回の規制緩和で中小の消費者金融は再度身の振り方を考えさせられることになります。
この結果廃業という結論を出すしかない消費者金融も多いのですが、消費者金融の原点に戻った対面による審査でお金を貸す業態への変更も増えています。
コンピューター審査全盛の世の中で、貸金業の親父とフェイスツーフェイスで借り入れの交渉をすることは少なくなっています。
しかし、リスクの高い顧客が増加するのであれば、営業形態も変えるしかないのです。